トップ

シリコンバック豊胸手術

貧乳の原因は一体何?

痩せ型の悩みである胸のサイズ

女性の方で痩せ型の方は、どうしても胸が小さめになってしまうという人がほとんどを占めています。特に上半身がかなり痩せてしまっている人は、なかなかバスト部分が膨らまずに貧乳の状態になってしまう方が多くなっています。

貧乳になってしまう原因としては、猫背などになってしまい姿勢が悪いこと、女性ホルモンの生成が上手くいっていないこと、小食なうえに脂肪が少なく痩せ型の体型であることの3つが挙げられます。

特にダイエット信仰が根強い昨今、成長期から痩せ型を維持しすぎて身体に適切に脂肪が付かず、そのまま大人になっても痩せ型で貧乳になってしまっている人が多くなっているのが現状です。小さい胸に悩んでいて豊胸手術をお考えならこちら。

成長期に無理なダイエットをしてしまったような方以外にも、体質的に食べても太りづらく、脂肪が付きづらいという方もいらっしゃいます。肥満気味の女性からすればなんともうらやましい話ではありますが、食べても太らないという人はそもそも身体に脂肪が付かないので、当然胸にも脂肪が行かずに貧乳になってしまいます。遺伝的に太りづらい人は、少々食べ過ぎてしまうくらいにご飯を食べるようにした方が良いでしょう。

女性の場合、女性ホルモン等の影響もあり体脂肪率の値は男性より高めになっています。しかし昨今のダイエットブームによって、20%から25%程度という女性にとってはいたって標準的な体脂肪率であっても、必死にダイエットをしようという女性が多いことも事実です。体脂肪率が標準を下回ってしまうと、より胸に回っていく脂肪が少なくなってしまい、貧乳を解消することは難しくなってしまいます。

また標準体重を割り出すBMI値が極端に低すぎる人も、貧乳になりやすい傾向にあるので注意が必要です。太りすぎない程度に程よく脂肪がある体型の方が、胸にとっては健全な成長を遂げられて良い方向に働くと言えるでしょう。

Copyright © 貧乳の原因は一体何?. All rights reserved.