トップ / 豊胸手術の綺麗な仕上がりには

シリコンバック豊胸手術

豊胸手術の綺麗な仕上がりには

ダウンタイムとアフターケア

シリコンバックによる豊胸手術は、手術後のダウンタイム、さらにはアフターケアによって胸の形の仕上がりが違ってきます。筆者が実際に体験して、施術の経過や術後の仕上がりについて見てみました。

シリコンバックによる豊胸手術は切開を伴うため、全身麻酔によって行われます。ですから手術中の痛みは全くありません。しかし、切開を伴う施術であるため、手術後のダウンタイムには痛みがあります。手術の規模や体質にもよりますが、人によってはベッドから起き上がることもつらいほどの激痛に悩まされることもあるようですね。筆者の場合にはそれほど強い痛みはありませんでした。

ダウンタイムの痛みを乗り越えて体調が通常に戻ってから、担当医によるアフターケアの指示があります。シリコンバックによる豊胸手術の場合、胸の形の仕上がりは手術後1ヶ月間のアフターケアでほとんど決まってきます。ですから、この担当医による指示をしっかりと守ってアフターケアを行うことが何よりも重要なのです。

アフターケアは主に、まずは術後3日間程度の絶対安静、そして術後1週間以上の胸部のマッサージによって行われます。術後3日間程度の安静は必ず取らなければいけません。この時期に無理をしてしまうと、胸の形以上に自身の体調に影響が出てしまい、場合によっては重篤な疾患に陥ってしまうこともあります。

術後1週間以上のマッサージは、シリコンバックを身体に定着させるために必須のものとなります。このマッサージを怠ってしまうと、身体にきちんとシリコンバックが定着せず、身体が拒絶反応を起こして胸が硬化してしまったり、胸の形が変形してしまったりしますので必ず行うようにしましょう。ただし、術後のマッサージに関しては医師の指示により不要な場合もありますので、医師の指示に従うようにしましょう。

このようなアフターケアを乗り越えると、晴れて夢だった大きな胸が自分のものとなります。胸が小さいことで悩んでいる方は、ぜひとも豊胸手術にトライしてみてはいかがでしょうか。

Copyright © 貧乳の原因は一体何?. All rights reserved.